交通事故の示談では症状固定となるまで治療継続を

医師交通事故で示談を受ける場合、正しい治療を受けて完治をするためにも、自分の症状を正しく医師に伝え、治療を継続してもらうようにしましょう。安易に保険会社から「症状固定に近づいた」と判断されて、治療の打ち切りに同意し、示談をしてしまうと、結果的に不利益を被る危険があります。当サイトでは症状固定と判断されるときに注意点に関してまとめています。

交通事故の示談では、症状固定と判断されるか、治療を打ち切りとしてされてしまうことがあります。一度、示談をしてしまうと、その後、不満がある場合や、治療を再開したいときも治療費を相手側に請求することは原則としてできません。そのときに、安易に保険会社から治療の打ち切りを進められてしまい、妥協することは決してよくありません。

交通事故の示談交渉では、どのような請求権があるのか、休業損害、症状固定後の後遺症認定の手続き、交通費、慰謝料、治療費など請求できる項目に関して正しく理解し、相手側に請求することを忘れてはいけません。示談では保険会社や加害者側から示談を迫られたとしても、被害者側には、これら正統な請求権がありますので、正しい知識と請求権に考慮して、最終的な示談をしましょう。交通事故の被害にあい、さらに経済的な負担や精神的な負担を強いられる「二次被害」に陥らないようにするためにも、示談交渉は慎重かつ、正しい権利であることを意識して相手側に請求するようにしましょう。