症状固定は医師の判断による

むち打ち

症状固定とは「これ以上治療をしても完治の見込みがない」状態を症状固定として、その後、後遺症として認定するかどうか、ということが一つの基準になっています。そのため、保険会社から一方的に「症状固定である」という言われ方をして、保険による治療を打ち切るからといって、安易に示談をすることは被害者側に不利益となる危険があります。最終的には治療をしている医師の判断であることを忘れてはいけません。

症状固定の判断はむち打ちや腰椎捻挫などの場合、判断が難しいことも珍しくなく、一般的半年程度の治療をすることが目安になっています。安易な症状固定に関する妥協は、不利益を被る危険もありますので、一度示談をしてしまうと、後で条件を変えることができない点も踏まえて慎重にならなければなりません。

もし、弁護士に相談をするのでしたら、症状固定のタイミングや医師の判断の内容、ということも正確に確認してもらい、納得した上で症状固定として、後遺症の認定を行うかどうか、ということも含めて示談交渉をすることが望ましいといえます。一方的な示談交渉で同意してしまうと、その後の後遺症認定がされたとしても、相手側にその賠償を請求できない可能性があるため、注意してください。